おいしいコーヒーの入れ方専科【おいしいコーヒーの入れ方研究中!】

おいしいコーヒーの入れ方を研究していくサイトです!どうせコーヒーを入れるならおいしいコーヒーがいい!自宅でも簡単においしいコーヒーを入れる方法やオススメのミル、コーヒーにはどんな水を使ったらいいの?などあなたの疑問にお答えします♪おいしいコーヒーの入れ方を知って小さな幸せ見つけましょ♪

おいしいコーヒーの入れ方

おいしいコーヒーの入れ方【準備編】


おいしいコーヒーの入れ方専科でっす♪

今まではおいしいコーヒーを入れるためのエッセンスとなる部分を
ご紹介してきましたが、今回は実際においしいコーヒーを入れる準備をしましょう!

ここはボクが最も力を入れて研究してる部分なのでちょっと自信ありです^^v

ではでは、早速いきますね♪

【おいしいコーヒーの入れ方(準備編)】

まずは以下のものが揃っているか今回は確かめてください。

コーヒー豆
もちろん必要です(笑)。

最初はコーヒー1杯(約150cc)でメジャースプーン1.5杯。
2杯で2.5杯。5杯で4杯。8杯で6杯ぐらいを目安にされるといいと思います。
(わりと濃い目です。)その後、好みで調節してみてくださいね♪

コーヒーポット
これは前にコーヒードリップポット1L finoフィーノの記事でお話しましたが、
結構重要です。詳しくは前の記事を見てみてください。

コーヒードリッパー
入れる量を考えて1〜2杯分なら101、2〜3杯分なら102・・・
といった感じに選んでください。どんなものでもかまいませんが、
溝の深いものを選ぶと抽出がスムーズになるようです。

また、ドリッパー自体もある程度の温度を保つために
ボクは陶製のものがいいかなと思います。

ペーパーフィルター
できればメーカー品の方がいいですが、正直、ペーバーフィルターに関しては、
そんなに神経質にならなくてもいいと思います。

ただし、ドリッパーのサイズに合ったものを必ず選んでください。
フィルターとドリッパーの間に隙間ができるとせっかくいいコーヒー豆を使っても
うまく抽出できない原因になっちゃいますのでf^^;

コーヒーサーバー
サーバーに関してはほんとにどれでもいいと思います。
入れる量を考えて選んでみてください。
毎回1人分しか入れない場合ならサーバーはなくても大丈夫ですよ^^
直接カップに入れてしまえばいいですからね!

メジャースプーン
コーヒー豆の量を計るためのスプーンです。多分、
ドリッパーを購入すると一緒についてきますよ^^ちなみに、すりきり1杯で約20gです。

今回はこれだけ用意できているか確かめてみてくださいね!
次回から実際にどういう手順で入れていくのか、これでもかーー!
っていうくらい細かく書いていきますのでお楽しみに^^

P.S.しばらく忙しくて更新できていませんでした・・・。
いつも楽しみにしてチェックしていただいてるみなさん、
ほんとにありがとうございます!

最近はちょっとずつ記事を読んでくれる方も増えてきてすごく嬉しいです!
これからも応援よろしくお願いしますm(_ _)m

ぜひ、お気軽にコメントを☆
もちろんトラックバックもお待ちしてます♪


タグ:コーヒー

おいしいコーヒーの入れ方

水を選ぼう!軟水 or 硬水?【おいしいコーヒーの入れ方専科】


おいしいコーヒーの入れ方専科でっす♪

今回はおいしいコーヒーを淹れるために

『水』 にこだわってみちゃいます!

おいしいコーヒーと水

水には「硬水」と「軟水」があるの知ってます??
これ、カルシウムとマグネシウムの量の違いなんです。
多いのが硬水、少ないのが軟水。ちなみに日本の水道水は「軟水」です。
ヨーロッパなんかは「硬水」みたいですね〜。

さてさて、硬水と軟水いったいどっちがコーヒーに合うんでしょ?

これ、結局人それぞれみたいっす・・・(汗)。
まとめるとこんな感じ↓

硬水⇒苦みを強調

軟水⇒まろやかで酸味が出やすい

なんで豆の特徴と自分の好みで水を変えるのが一番の理想かな!?
酸味の強いコーヒー豆には硬水!とかって。

やっぱり抽出されたコーヒーのほとんどが「水」で構成されてるんで、
ここはできればミネラルウォーター使いたいところですよね!

●硬水⇒「ヴォルビック」「南アルプスの天然水」

●軟水⇒「エビアン」「ヴィッテル」

あたりがコーヒーとの相性がいいみたいですよん♪

ボクもいろいろ試してみたんですけど、結構水1つで
コーヒーの味も変わってくるんでいろいろやってみてくださいね☆

おいしいコーヒーの入れ方

コーヒーミルを使おう!【おいしいコーヒーの入れ方専科】


おいしいコーヒーの入れ方専科でっす♪
コーヒーの香りに包まれながらお届けしますよ〜☆

おいしいコーヒーを淹れるために必ずして欲しいことがあります!
今回のお話はコーヒーファンとしては欠かせないことです^^


それは・・・


コーヒーを淹れる直前に豆を挽くこと なんです!!


野菜や魚なんかと一緒でコーヒー豆にも鮮度があるんです。
コーヒーはいったん挽いてしまうとどんどん酸化して、
香りや味もどんどん悪くなっていってしまうんです・・・。

せっかく購入した豆を無駄にしないためにも
ぜひコーヒーを淹れる直前に豆を挽いてあげてくださいね^^

で、その豆を挽くときに役立ってくれるのが、

コーヒーミル です。

こんなの↓見たことないですか?
コーヒーミル

これでガリガリガリガリっと豆を挽いていくんですね。
写真は手挽き用のコーヒーミルですが、電動式のもありますよ!
ちなみにボクはコーヒーミルは手挽き派です♪

手挽きのコーヒーミルを使うときの
ポイントがいくつかあるのでご紹介しておきますね。

@ゆっくり挽くべし!
⇒あまりにも速く挽き過ぎてしまうと、摩擦熱が発生して、
その熱がせっかくのコーヒーの香りを逃がしてしまいます。

A微粉は出さないようにするべし!
⇒コーヒー豆をあまりにも細かくすると、
嫌〜な苦味や酸味が出やすくなってしまいます。

B均一に挽くべし!
⇒挽きムラができて、風味も安定しなくなってしまいます。

この3点に気をつけながらコーヒーミルを使ってみてください。
手挽きの場合はちょっと時間がかかりますが、
ガリガリという音や挽かれたコーヒ豆の香りに癒されますよ〜♪

次回から数回に分けてボクがオススメするコーヒーミルをご紹介しますね☆
お楽しみに〜!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。